2022年1月9日 スプライトの夜
詳細はこちら
※クリックすると大きな画像をダウンロードできます。
深夜、日本海上を寒冷前線が通過。 それに伴って、石川県沖から佐渡ヶ島、秋田県沖にかけて積乱雲が乱立しました。 スプライトを狙ってカラーCCDカメラを広角で仕掛けると、低空にスプライトが大量に出現しました! エルブスなどの高度90km近くで生じるような淡い発光も確認することができました。 同時観測も成功しています(SonotaCo)。
思い切って、望遠レンズ+WAT902H2Uで狙い撃ちしてみると、なんと20イベント近くのスプライトを記録することができました! スプライト本体から伸びるテンドリルと呼ばれる淡い発光も見て取れます。 350km以上離れた場所で生じているにも関わらず、これほど鮮明に捉えることができることに驚きです。 非常に巨大な放電現象ですね。 今後も科学する空では、超高層雷放電の撮影に挑戦していきます。